説明よりひどい雨漏り。
なのに、瑕疵(かし)担保責任期間は
わずか3か月。

コンクリートブロック造2階建中古住宅を購入。
契約時に「天窓はゲリラ豪雨くらいだとしみる程度の雨漏りはある」と
仲介業者に説明を受けた。
入居後、説明されたところ以外にも雨漏りが数カ所発生したが、
売買契約の瑕疵担保責任期間の3か月を過ぎてしまっている。

購入前に建物の状況調査(インスペクション)をしよう。

購入前に住宅をよくチェックし、重要事項説明のなかで
過去に起きた不具合や修繕、リフォームなどの状況を確認します。

住宅の劣化や不具合の状況等を把握するために、
建物の状況調査(インスペクション)を事業者に依頼するのも有効です。

そして、中古住宅の売買契約では、売主が瑕疵担保責任を負うか否か、
負う場合は引き渡しからどれくらいの期間か、などが取り決められるので、内容をしっかり確認しましょう。

中古住宅の取得をより安心に
既存住宅売買かし保険
中古住宅の検査と保証がセットになった保険です。
保険に加入するためには対象となる住宅の検査を行い合格することが必要です。
万一、売買された中古住宅に欠陥(保険対象部分に瑕疵)が見つかった場合でも既存住宅売買かし保険に加入していれば、瑕疵の補修費用などが保険金として事業者(事業者が倒産等の場合は買主)に支払われます。

ポイント

  1. ①過去の不具合や維持管理の状況を念入りに確認。
  2. ②住宅の状況等を把握するためにインスペクションの利用を検討。
  3. ③瑕疵担保責任の有無や期間を確認。