あるある体験談から学ぶ、気をつけたいポイント 戸建住宅 編

ココに気をつければよかった!

契約は慎重に。住宅の仕様や解約時の条件など、契約内容をよく確認し、理解してから契約を交わすようにしましょう。安易に契約をして不利益を被るのは建築主です。

ココに気をつければよかった!

設計や工事の追加・変更をすると、当初の予定にない作業が発生します。無料だと思わず、必ず見積りをとりましょう。作業内容と金額を書面にしてもらい、希望と相違がないか確認しましょう。

ココに気をつければよかった!

言った言わないのトラブルは解決しづらいものです。予防のためには打合せを記録して互いに共有することが効果的です。事業者に記録を書面にしてもらい、受け取ったら誤解や間違いがないか、確認しましょう。

ココに気をつければよかった!

制度利用や補助金申請については、早めに事業者に希望を伝えるだけでなく、「いつ」「誰が」申請するのか確認し、事業者に任せきりにせず、スケジュールを把握して漏れのないようにしましょう。

覚えておくと役に立つ!

評価住宅とは

建設住宅性能評価書が交付された住宅

保険付き住宅とは

住宅瑕疵(かし)担保責任保険が
付された住宅

評価住宅、保険付き住宅であれば、住宅の不具合や、事業者との契約上のトラブルなどが生じた場合に、
電話や対面による相談や紛争解決手続きが利用できます。

詳しくはこちら